野性と朗読 〜とり戻す声と表現〜

JUGEMテーマ:朗読・リーディング

IMG_0386.JPG

 野性と朗読
             〜とり戻す声と表現、体験から上演まで〜

声で自分の野性を取り戻す 

あなたの中に眠っているものをあなたの声で取り戻す
作品の音読を繰り返すことで自分の枠を突きぬけていく
ゴールを決めずに、やがて自分の確信へと近づいてゆく

ドラマ(体感)とシアター(上演)を行きつ戻りつ、

朗読劇の上演プロセスを通して何度も繰り返し時間を重ねていきます


 

日時

9月22日(土)13時〜17時         10月7日(日)13時〜17時

11月15日(木)18時〜21時      12月14日(金)18時〜21時

2019年1月27日(日)13時〜17時   3月2日(土)13時〜17時

Д潺鉾表会 3月31日(日)13時〜17時[本番14時〜]

 

参加費

 ´↓キΝ 各6千円 、 各5千円 全回通し割引3万5千円 Г慮学は無料

 *単発参加可能です。発表会に出る方は本番含め4回以上はご出席ください(Δ鷲須)

 

お申し込み 

   メールにてお名前、ご連絡先、参加動機をお書き添えの上 haraiso887@gmail.com岩橋まで

*参加者の方のお子さん(乳児)が参加される場合があります。赤ちゃんの呼吸、動き、声などを

  モデルに野性を学びます

    

場所

 株式会社プレイバック・シアター研究所 中目黒サロン&オフィス

 目黒区青葉台1-6-53 青葉台マンションA-2F]

 

【講師プロフィール】

岩橋由莉(いわはしゆり)                              

表現教育家。和歌山在住。

演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験学習する表現教育と出会い、

日本で初めて「表現教育家」として手探りの道を歩み始める。

2001年から郷里の和歌山に住み、山や自然と共に育て暮らす人と出会ったことから、

手法を超えて「待つ」「聴く」「音」「感覚」などに特化した独自の活動

「コミュニケーション・アーツ」として展開する。

現在立命館大学にて教職を学ぶ生徒を対象にしたドラマ教育授業の実践研究、

高齢者の朗読劇指導、日雇い労働の街での表現活動など活動は多岐にわたる。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode